SNZKの世界分散株式投資

30代前半から米国メインの世界分散株式投資でメイクマニー。

お金への関心を高める本(初級)と節約

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

f:id:snzk-kznr:20180201141216j:plain
山崎 元 (著), 大橋 弘祐 (著)

著者と、山崎元という金融の世界でとても有名な人が対談形式でお金を増やすためには?というアドバイスを聞いていく本です。

文字が大きくて字数が少ないのでなにしろ読みやすい。まだそれほど興味のないことにとりかかるときに簡単・楽チンっていうのはすごく大事ですね。

最初は日々の生活の見直しから始まりますが、なんとなく手に取った時のSNZKのマネーリテラシーにはなかなか新鮮な概念が多かったです。

  • がん保険はいらない、というか保険は全般いらない
  • あまり気を使わず投資をするならETFがいい

今でも頭に残っているのは上の2つです。人によってはけっこう目につく部分は変わるかもしれません。

これを受けてSNZKは親に言われるがまま契約していたニッセイの保険、¥7,900/月を解約して半分以下の値段の都民共済にしました。本の中では山崎さんは入る必要すらないと言っていますがさすがにノーガードは怖いので…

あとは「よくわからないうちに払っているもの」代表格の携帯料金。
Docomoで契約していたiPhoneのSIMをLINEモバイルに差し替えました。
これは今まで¥約6,000/月(¥72,000/年)で5GBだったところがLINEモバイルは7GBで¥3,280/月です。
保険料が年間¥40,000、携帯電話料が¥35,000で合わせて年間¥75,000が浮いたことになります。

そこそこのホテルの安い部屋に2人で泊まって上階のバーで何杯かカクテルが飲めちゃう値段ですね。やったことないけど。

ファイナンシャルプランナーのブログなんかを読むとよく書いてあることが、節約に効果が高いものは肉や野菜の半額セールを狙うことよりもこういった固定費を減らすことだそうです。
株式投資を始めるのは敷居が高いですけど、電話代を見直すくらいならやってみようって気になる方も多いんではないでしょうか。

お金を増やす方法にはSNZKも四苦八苦しております。しかし、本来だったら手元に残せたはずのお金を なんとなくめんどくさい を理由に垂れ流したままでいては増えるものも増えません。バケツに水を汲むならまずはバケツに空いた穴を塞がなきゃ、ということです。

¥1,000以上する本ですがSNZKは毎月¥6,000は浮いたのでぜんぜんもとは回収できたと思っています。

この本にもETF投資について記述があり、SNZKはここで初めてその存在を知りました。が、おそらく少しつっこみ足りないと感じる人が多いんじゃないかなぁ、と思いました。
本格的にやってみたいと思ったひとはまた別の本を読んでみるといいかもしれません。

余談ですがSNZKのバケツに空いた最も大きな穴は外食費です。ちょっと引かれそうだから金額書くのやめておきますがマジヤバイんで今年に入ってから少しずつ減らしてます。
簡単なところから少しずつやっていきましょう…