SNZKの世界分散株式投資

30代前半から米国メインの世界分散株式投資でメイクマニー。

暗号通貨を手仕舞いしたら株を始めよう

ビットコイン投機はそんなに悪いことだったか

長期投資をしている投資家のBlogをいくつも見ていると、だいたいみんな「あんなギャンブルに手を出すなんて愚か者」「粛々とインデックス投資のみやっていくのが正しい投資家のあり方」みたいな意見が多いです。

宗教でS&P500連動ETFだけ買ってるならそれはまぁいいんですけど、たいがいの投資家は自分のリスク許容度と相談してディフェンシブ・オフェンシブな銘柄を組み合わせてポートフォリオを作ってるんですよね?
利益の最大化を目指すというのは悪いことではないのではないか。であれば、例えばn%はワンチャン狙いで暗号通貨に投資してうまいこと50%くらい増えればいいなぁ、って狙いに行くって人がいてもいいと思います。

もちろん、ブロガーの方々が苦言を呈したのはすでに湧き上がってから舞台に上がった、カイジよろしく一発逆転狙いのにわか相場師みたいな人たちに対してなのでしょうが。ただ、去年の暮の時期の一部のブロガーたちはあまりにも十把一絡げに暗号通貨に手を出す人たちを情弱白痴が如く扱っていたのは読んでいて悲しかったです。
アレはだめ、コレはだめと自らの採用する投資スタイル以外を否定していたら新しく投資をやろうとする人を萎縮させてしまうのではないか。経験1年未満のニュービーであるSNZKはそう思いました。

SNZKの最初の相場はビットコイン

だいたい1年前、SNZKはブロックチェーン技術の未来の展望について書かれた本を読み、なんだかワクワクしたのでボーナス後というのもあって投げ銭感覚で10万円分換金しました。
それがあれよあれよと40万近くなり、仕事も手につかなくなってしまったのでいったん値動きの少なかったイーサリアムに換金。そちらもあっというまに10万円分値が上がり、またしても仕事どころではなくなり日本円に戻したのでした。

結果はプラス40万円。素人投資家(?)には大変なラッキーパンチでした。無欲が為せるトレードだったと思います。で、それから相場の代表格、株が気になってきて去年の夏頃に初めての個別株を買ったのでした。

暗号通貨をきっかけにパッシブ投資家が増えたらいいな

ここ1年の暗号通貨バブルで損した人も大勝ちした人がいるのでしょう。ここで終わらせずに、勝った人は安全安心な国債ETFを買うとか、負けてしまった人もくさらずに1万円ずつ積立NISAをやってみるとか。そうやって盛り上がっていくとSNZKがネットでtwitterやブログを見て楽しめるので皆にやってほしい。

正直いって株価とかリーマンショック級の暴落って言っても1年かけてS&P500が半分程度ですからね。ビットコインなんて1ヶ月で半分になったり2倍になったりするのに比べたら全然気持ち穏やかですよ。

いや、さすがに下がってるときは穏やかなわけないか